北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

「梅ちゃん先生」関連の話題を・・・

最高気温がやっと20℃を超えてきた函館です。

NHK連続テレビ小説梅ちゃん先生」・・

視聴率はあってもネットではあまり評判がよくないようですが、

三丁目の夕日」の六ちゃんと思えば楽しく見ていられますよ。

今日は「梅ちゃん先生」関連ですこしまじめな話題を・・

みなさんは「荻野吟子(おぎのぎんこ)」さんを知っていますか?

日本における国家資格を持った最初の女性医師なんです。

 

生まれたのは1851年・・黒船来航の2年前ですね。

婦人科治療がすべて男の医師によることに疑問を感じ女医を目指します。

250px-Ogino_Ginko2.jpg <Wikipediaより>

「女医第一号」としてやっと認められ診療所を開業したころ、キリスト教と出会います。

新島襄から洗礼を受けた志方之善(しかたよしゆき)と再婚。

まもなく夫の之善はキリスト教の理想郷をつくるという信念から北海道へ渡ります。

その後吟子も来道、夫のいる利別原野へ(今の今金町付近、地図のです。)

いまでも「神丘」という地名が残っています。

しばらくして吟子は海辺の瀬棚町に移り診療所を開業しました。地図のです。

結果的に夫の試みは挫折に終ることになりましたが、

吟子は明治41年まで瀬棚で暮らした後、東京に戻り62歳で人生を終えています。

せたな町のホームページです

荻野吟子の生涯を描いた、渡辺淳一の「花埋み(はなうずみ)」も感動的な小説です。

ぜひ参考にしてください。

梅ちゃん先生よりもっと前に、

世の中の偏見と戦った女医さんがいたことを知っていてほしいと思います。

ちなみに国家資格を持たない女医としては幕末にシーボルトの娘、お稲が医者として活動していたようです。


大きな地図で見る

1日1回応援クリックお願いします ! !

ブログランキング・にほんブログ村へ

のちほど訪問させていただきます。ぜひことづても・・