北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

高齢者の話題は病気と年金のことが多いらしい・・

 

あまり歓迎しませんが、北海道もとうとう白くなってしまいました。

根雪にはならないようですが、昨年が大雪だっただけに今年は一休み・ということで、雪のないクリスマス、お正月を迎えたいものです。

 

f:id:with_god0324:20181124045550j:plain

 

今年もあと一か月となりましたが、皆さんにとってどんな一年でしたか・

まだ12月があるから何とも言えませんが、私にとっては大きな出来事もなく平穏に過ごせた1年だったと感謝しています。

病気のことは通院している甲状腺疾病以外に新たな病気にかかることもなく、先日受けた健康診断も要再検査を指示されることもありませんでした。各数値に関しては前回よりも改善されていた項目もいくつかあったほどです。

コレステロール値、中性脂肪など、父が60歳代に病んだ心筋梗塞を警戒しなければならないのですが今回は少しだけ数値が下がったようです。

父から遺伝しているはずの認知症も要警戒中・

 

www.hakodatenews.site

 

 高齢者の話題は病気のこと年金のことが多いと聞いたことがありますが、私も例外ではないようですね。

高齢者の定義は法律によって違うみたいです。

基本的な年金の受給資格65歳を高齢者と考えることが多いかもしれませんが、道路交通法の高齢運転者の定義は70歳以上です。 

私の場合は高齢者の定義に括られるのはもう少しあとのようです。

 

年金のことはまだ人様に語るほどのことではありませんが、昨年の誕生月から老齢厚生年金の報酬比例部分という微々たるものを受給しています。奥さんの話ではこのお金にはいっさい手を付けずにいるそうですが、微々たるものでも手をつけずにいられるというのはありがたいことです。

この報酬比例部分というのは、現在働いている収入によって減額されたり増額されたりする仕組みでして、残業などで収入が多くなるとしばらくして年金額が変更された年金振込通知書が送られてきます。逆に収入が減ると増額された年金振込通知書が送られてきます。

つまり、残業すれば減らされ、残業がなければ増額するということです。

だったら残業なんかしたくないですね。

同僚には悪いけど、毎日 お先に失礼しますっ!・