北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

近況報告・安否確認のような年賀状なら辞退したい・・

2019年になりました。

嫌々新年を迎えているような気がします。

これ以上歳を取りたくない、これからどんな人生になるのだろう。

完全リタイアまでもう少し・期待よりも不安の方が大きい一年になりそうです。

  

     f:id:with_god0324:20190101034556j:plain

 

年賀状も年々減ってきていますが、それでも毎年送ってくれる友人がいます。

もう何十年も会っていなくて、これからも多分会うことはないだろう・と思う人でもなぜか出してしまうのが年賀状ですね。

もう会うことがないなら、近況報告としても出す必要はないのでは・

思い切ってこちらから出さなければいいと思うのですが、それがなかなかできないのです。なぜか躊躇ってしまうんです。

 

ネットには年賀状を辞退する例文がありました。

あけましておめでとうございます
毎年いただいておりました年始のご挨拶ですが
小生 寄る年波を感じるに至り 誠に勝手ながら
今年をもちまして 新年のご挨拶状を最後とさせていただきます
今後も変わらぬおつきあいをお願い申し上げるとともに
皆様のご健康とご繁栄を心からお祈りいたします
平成三十一年 元旦

 

引用元 年賀状プリント2019

nenga.templatebank.com

 

後期高齢者まではまだまだですが、近いうちに年賀状を辞退したいと思っています。

身内以外は数枚書くだけですから簡単に終わります。

そんなに簡単なら続ければ・と言われそうですね。

 

ここ十数年の間、新規に年賀状リストに加わった人はいないと思います。

つまり、私がいかに人付き合いが悪いか証明されているようなもの。

もともと、人付き合いは下手だと思っています。その場限りのことであれば愛想も振りまいて親しくはしますが、これからもずっと親しくするなんてこの歳になってできるわけがありません。

 

損な性格ですね。

でも今はこれがベストなんです。これでいいのです。

これから誰にも会えなくなったとしても平然と生きていけるような気がします。

死んだ時に来てくれる友人は誰もいないでしょう・

 

 

 

 

 🌟参加するからには上を目指したい・応援してください。

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ
 にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活