北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

プロフェッショナルな女性たち・・

<

先日、役所や金融機関を数か所回る用事が出来て、なんとか半日で済ませられるように奔走したのですが、その機関の窓口で様々なプロ意識を持って働いている人たちに感服しました。

こんな時は平日の休みがとてもありがたく助かっています。

 

最初に行った某金融機関の担当者さんも新規口座開設自動払込の変更や現在所有している口座の住所変更などいくつもの手続きに的確に対応してくださいました。

ただ迅速に処理すればいいとわけではなく、一つ一つを丁寧に確認、順序立てて処理していく姿勢にホッとさせられるものがありました。

当たり前のことかもしれませんが、顔色一つで嫌な奴と思われてしまうサービス業です。この担当された女性は嫌味なところはまったくなく最後まで丁寧に説明対応してくれたことに感謝しています。

 

     f:id:with_god0324:20190108042904j:plain

 

次に行った金融機関では取引記録の発行をお願いしました。

窓口の担当者さんは最初は怪訝そうな感じで 有料になります。有料になりますがよろしいですか?・ と何度も念押しされたのが気になりましたが、こちらがあまりに切羽詰まった感じで窓口に行くものだから、向こうも警戒してしまったのかもしれません。

出力された枚数によって金額が変わるということでしたが、個人の口座の取引記録なんてたかが知れてます。それとも取引記録をお願いすること自体が珍しいことだったのでしょうか・

ざっくり言えばパソコンで出力したA41枚が216円ですから、過去には苦情を言った人もいたのでしょうね。

こっちの手違いもあって、あとでもう一度行ったときには優しく対応してくれました。

 

この日、いちばん手間取るだろうと思っていた某政府機関で担当してくださった女性の対応が圧巻でした。

老人相手にすることが多いせいか、声も大きくはっきりと話してくれて、こちらがモタモタしていると怒られるような勢いで矢継ぎ早に書類を書かせ、ホチキスでどんどん綴じていく様はまるで産業ロボットのようでした。

でも、嫌味ひとつなくすべて終わった後に妙な充実感が残ったのはなぜでしょう・

 

みなさん、それぞれの場所で精一杯生きている、頑張って仕事しているなぁ・と感慨深いものがありました。

 

今の私はどうなのでしょう・

業務上、接する相手に不信感は持たれていないだろうか・

いや、きっと不信感ばかりだと思います。

長年の鬱積した何かが これくらいでいいんじゃないか・ とか これ以上やっても無駄、意味ないし・ と全力で走ることを拒んでいるようです。

 

ほどほどでいんじゃない?

 

誰かに褒められたくて、誰かに自慢したくて一生懸命に働いていた頃の情熱はどこへいってしまったのでしょう・

 

今はこればっかりです、人生はほどほどがいいんです。

 

 

 

 

 🌟参加するからには上を目指したい・応援してください。

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ
 にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活