北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

国会は火が無くても煙のでる変なところのようです・・

いつもようにセオリーに反する記事ですが、政治ネタと宗教ネタは好んで書いていると言ってもいいかもしれません。

 

安倍総理の大ファンで絶対的に支持する人もいると思いますが、当方は特段政治に詳しいわけでもなく、ただ新聞やネットニュースの見出しだけで情勢を判断しているだけの無知なオヤジです。

判断というほどのことではなく、悪と善、ウソをついているにはどっちだ・と面白半分に見極めようとしているだけなのです。

 

     f:id:with_god0324:20190115034106j:plain

 

最近国会でも平気でウソをつけるようになりましたね。

「刑事訴追の恐れがあるので、証言を控えさせていただきます。」

そこを聞きたいのに証言を拒否されてしまうのですから、証人喚問しても意味はありませんね。議院証言法違反で告発されることもほとんどありませんし、野党もそこまで追及しません。

 

たとえば加計問題でも誰がウソをついているか・は気になるところですが、嘘がバレそうになると人身御供で誰かが 間違いました とか、つい根も葉もないことを言ってしまいました・ と謝ればそれで一件落着です。

 

国策拘留だと籠池さんは訴えますが10ヵ月は長すぎるように素人でも思います。

裁判所が官邸に忖度したのではないかとネットには流れています。

総理夫人が100万円寄付していただいたと主張する籠池さんですが、火のないところに煙は立たない・という言葉がいちばんピッタリくる場面ですよね。

確かに自分は 総理から寄付をもらえるほどの人物だ・ と内外にアピールしたいと思っての狂言・という人もいますが真相はどうなのでしょう。

どうも納得しませんね。

野党の皆さんも司法の人も国民がスッキリ納得すような結論を導き出してほしいものですが、安倍政権の傲慢さに跳ね返されてしまうようでは期待はできません。

 

50年後くらいにあの時の真実はこうだった・と暴露されるのを待つしかないようですね。

 

もう一度言います。

火のないところに煙は立たない・のです。

国会議事堂は火が無くても煙を出すことができる妖怪でもいるのでしょうか。

 

もう笑うしかないのかもしれない・

 

 

 

 🌟参加するからには上を目指したい・応援してください。

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ