北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

粗大ごみの搬出も無事に終わりました・・

<

仕事が休みの日に義母の家の最終的な作業をしてきました。

トラックを借りてタンスや食器棚、冷蔵庫、鉄物をそれぞれの廃棄物最終処分場へ持っていくだけですが、業者に依頼すると見積もりを取らなくても最低5万円位はかかるだろうと推測し、私たち夫婦2人でやることした今回の家一軒の片付けも、義母や奥さんがコツコツとゴミを処分していたおかげで粗大ゴミを残すだけとなっていたわけです。

 

予約していたレンタカーを借りに行くと2トン車でも意外に小さく、

 

大丈夫か?、2回に分けて行かなければならないのか?

 

不安のまま義母の家に到着し作業開始したところ、意外と入るではないですか・

下ろす順番通りに積み込むことができ、なんとか荷崩れするような隙間もなく、バンドで固定する必要もなく完璧なほどのスペースでした。

 

最初に行ったのは冷蔵庫のリサイクル業者で3500円超支払うことに・

そしてメインの粗大ゴミの処分場に向かうのですが、こんな経験は初めてなので緊張感MAXでした。

まずはそのままの状態でトラックごとの重量を計ります。そして指示された場所に向かうと係員が手招きしていて、どんどん進んで行くと木製品を粉々にしている場所にトラックをつけさせ、ここに投げろ・というではないですか・

 

いくら粗大ゴミと言えども義母が長年愛用してきたものを無造作に投げ捨てることに抵抗感を覚えましたが、横に立って指図している係員を待たせることも出来ず、最後にはトラックの荷台から思いっ切り投げる自分がいました。投げられたタンスは一瞬にして四角形を維持できなくなって、見るにも無残な姿になってしまうのが切なくて、本人がいたら悲鳴を上げそうな場面でしたね。

 

     f:id:with_god0324:20190328031145j:plain

 

鉄物も下ろす時には係員も3人に増えていて、それも大丈夫だっ、これはダメだな・と的確なアドバイスをいただき感謝でした。なんとか無事に下ろすことができたので急いでその場を後にします。

帰りにまたトラックを計量して支払った金額が900円余りです。持ち合わせのお金で足りるか心配だったので少し拍子抜けしたくらいです。

 

今度は燃やせる粗大ゴミを受け入れる清掃工場へ向かいます。

ここは市内を走っているゴミ収集車もやってくる大きな施設ですが、たくさんの一般市民がマイカーなどでゴミを運んでいました。

布団が4枚ほどに毛布や大きな段ボールなどもあったのにたったの108円、これほど大掛かりな施設が必要なのですからもう少し値上げしてもいいのでは思うほどです。

同じ市役所なのにどうして住民票や戸籍謄本、印鑑証明はPCでプリントアウトするだけなのに手数料300円、戸籍の複雑なものは750円もします。

ゴミ処理料を値上げせずに手数料を安くしてほしいですね。

 

燃えないゴミのところで引き取ってくれなかった小さなドラム缶のような石油タンクは最初に行ったリサイクル業者がなんと126円買ってくれました。

たったこれくらいでお金儲けができるのですから、金属が盗まれる事件が起きるはずです。

 

なんとか怪我をしたり事故に遭ったりすることもなく、無事に家を片付けることができたことに感謝です。

 

翌日に家の様子をみた義母がぽつんと言った言葉が

 

50年間お世話になりました・

 

 

 

 🌟参加するからには上を目指したい・応援してください。

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ