北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

今の若者を見くびってはいけません。簡単に先輩上司を追い越していきますよ。

<

さて4月も後半になりました。

新入社員のみなさん、頑張っていますか・

 

眩しいくらいに自分の未来が輝いている人もいれば、そろそろ淡い雲がかかってきて 

なんか変だな、この会社・ と感じ始めている人も多いと思います。

 

さあ、これからですよ。

 

転職を勧めるわけではありませんが、嫌な会社にへばりついていても明るい未来はありません。熟慮を重ねて出した結論であれば自分の思うままに進んでいきましょう。

働き口も少ない田舎町では転職すること、すなわち動けば負けという考え方もあります。田舎では転職で運気が上昇することはほとんどありません。待遇や環境などすべてにおいて落ちていくだけなんです。

実際に田舎に住んでいる者の切実な思いです。 

 

田舎にはほんと何もありませんって・・

学歴だって都会の有名大学を出なければ高学歴とは呼ばれませんし、田舎でも得られるものは独学による知識だけです。

その知識だって生かす場がないのが田舎・

 

でも、都会は違います。

どんどん上昇していくことができるのが大都会です。

自分の思い描いた未来予想図をどんなことがあっても現実のものにしていく覚悟があれば、何でもできるし、そのために必要なアイテムも都会には揃っています。

 

     f:id:with_god0324:20190418041251j:plain

 

 新入社員のみなさん、昔は 石の上にも三年 といいましたが、今は パワハラにも三年 でしょうか・

上司による悪辣ないじめや嫌がらせにも我慢できる範囲のものであれば我慢してみましょう。職場の地位という権力でしか自分を表現できない薄っぺらな奴との根競べです。

あくまでも我慢できる範囲のことですので、我慢できない場合にはきちんとそれなりの担当部署、担当者に届けましょう。

泣き寝入りはする必要はありません。会社にはきちんと苦情処理委員会なるものを招集するシステムがあるはずです。

ただ苦情処理委員会の担当者が悪辣な上司でないことを祈ります。

 

会社勤めというものに慣れきってしまって、緊張感のないままに毎日を怠惰に過ごしている世間の会社員のみなさん・

どうか自分が新入社員だったときのことを思い出して、新成人が働きやすい環境を整えてあげてください。

なんでも聞いてこい・ではなくて教えてあげてください。

  

時代は変わっても社員を育てあげるのは先輩社員しかいないのですから・

大物上司はただ身体も心も委縮させてしまうことしか言えませんから、成長させることはできません。

5月病が蔓延しないようにいつも優しく声掛けしてあげるだけでも、この会社に勤めてよかったと思うはずです。業務のイロハはそれからでも十分ですし、今の若者はしっかりしていますから、いつの間にか先輩のすることをこっそり盗み見てあっという間に自分なりの形に仕上げていくと思います。

そして先輩上司をあっという間に追い越していくんです。

 

仕事は見て覚えろ・とか時代錯誤の言葉なんか言ってはいませんよね?

昔、24時間、戦えますか? なんて恐ろしいCMもありました。

 

戦えるわけないし、戦っちゃいけません。

労基法違反ですから・

 

 

 

 🌟参加するからには上を目指したい・応援してください。

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ