北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

口内炎でなかったら・・がん?

<

先月の中旬くらいから気になっていたことがあります。

それは 口内炎 に似たようなものが右の上唇内側にできていたこと。

そのうちに消えるだろうと気軽に考えていたのですが、ネットで調べてみると普通は2週間ほどで消滅するというのに、一カ月たっても一向に消えません。

今月初めの我が家の大きなイベントの間もずっと気になっていて、舌で感触を確かめたり、自分の手で触ってみたり・

 

それでも私はいつか消えるものと病院へ行くことになるとは考えてもいませんでした。

ちょうど堀ちえみさんが最初は口内炎だと思っていたのが検査してみたら舌がんだったというニュースを盛んにテレビでやっていた時です。

口腔外科を受診する人が急増したのではないかと言われましたが、私もその一人になりました。

最初は近所の口腔外科がある個人歯科医院を受診しましたが、ベテランの先生は触診しただけで、個人病院では検査できないと総合病院での受診を勧める始末です。

多分 口内炎 だと思う・とか、きっと がん かもしれない・とか一切言いません。

触診と紹介状を書いてもらって1500円を支払い、そのまま総合病院に直行・

11時30分の受付終了にギリギリ間に合いました。

 

問診やら予約優先とかで1時間以上待たされてやっと通された診察室で、やってきた医師のネームプレートに口腔外科部長とありましたのでひと安心です。

デンタル用のレントゲンを撮ったのですが、それに関してもコメントなし。

触診でもコメントなしで、次回は患部の粘膜を切り取って検査するための手術をするとのこと。30分ほどで終わる手術になるそうですが、恐怖の10連休のおかげで手術日は5/15と3週間も先延ばしにされました。

その間にがんだったらどうなるんだろう・

どんなに拡大、転移するか恐ろしくなりますがじっと待つより他にありません。

 

     f:id:with_god0324:20190425041010j:plain

 

がん ではないと軽く考えていますが、口腔がんのセルフチェックなるものが専門医のホームページにありまして、5項目のうち2項目が当てはまっています。

 

みんな自分だけは大丈夫と思っていても病気になるわけですから、もし がん だとしても気楽に生きていきます。

20代後半に強制入院させられるような大病を患ったことがありますが、その時も6ヵ月の入院が必要といわれ、私の人生を終わった・と思ったものです。

最終的には8カ月の入院で9カ月の休職でしたが、いま元気に生きていますから、私ががんに罹ったとしても神様が必ず見守ってくれるはずです。

 

気のせいでしょうか・

考えているうちに患部が少し大きくなってきたような気がします。

 

 

 

 🌟参加するからには上を目指したい・応援してください。

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ