北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

80年代後半結婚式で聴かせまくった浪漫飛行と乾杯です

何十年もサービス業に従事してきたオヤジは 婚礼 も担当したことがありました。現代風に言うと ブライダルプランナー となるわけですが、北海道の田舎の結婚式ですからさほど難しいこともなく、定番の花束贈呈やケーキカット、キャンドルサービスのほかは余興というよりほとんどの時間を カラオケ に割いている結婚式ばかりでした。おまけに 会費制 の結婚式が多く発起人が企画運営するのが建前でしたから親族はただ楽しむだけで本州方面の厳格な婚礼とは大違いです。

でも、郎新婦は一生に一度のことですからそれはもう真剣勝負、必死なのに私が中途半端に付き合うことはできません。当然私も必死になって何度も打ち合わせを重ね、ミスのないように万全を期すのが担当者の仕事です。

小さな会場でしたから、今のプランナーのように打ち合わせだけではなく、当日の料理や飲み物のサービスまで自ら動いていたのが好評だったようです。

ちょっとした合間にメインテーブルの新郎新婦の後ろに黒子のように跪いて心境を確認したり励ますことができたのも私なりに満足していました。

今でもキャンドルサービスは根強い人気・と思っていましたが、なかなかそうでもないようですね。キャンドルサービスはカッコ悪いっ・といろいろと趣向を凝らしたオリジナルのテーブルサービスで燃え上げる新郎新婦・・

でもオヤジが知っているのはまさに 長渕剛 さんの♬ 乾杯 の世界です。

 


長渕剛/乾杯

 

 

 

当時そんなに音楽を楽しむ人も多くはなかったのでしょう・

キャンドルサービスをはじめ各セレモニーで使うBGMはすべてお任せするという新郎新婦もたくさんいらっしゃいました。

その時に頻繁の使ったのがさきほどの 乾杯 と 米米CLUB の ♬ 浪漫飛行 でした。

スポットライトに浮かび上がる二人をこの曲が演出する様子を何度モニター室のマジックミラーから見たことかしれません。

 


浪漫飛行 - 米米CLUB(フル)

 

私の自己満足の演出だったかもしれませんが、それなりに祝福できたし、喜んでもらえた思っています。担当した100組近い新郎新婦のその後は把握していませんがきっと円満な明るい家庭を築いていると信じています。

 

♬ 明日の光を身体に浴びて  振り返らずにそのまま行けばよい

       風に吹かれても雨に打たれても  信じた愛に背を向けるな  ♬

 

・・なんてね。

 

 

 

ダイエットはまだまだ続いています。

7/24現在(40目) 累計 マイナス 2.9 ㎏ 

まったくもう・・

 

 

 

        にほんブログ村 シニア日記ブログへ