北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

誰かに石を投げつけられたことありますか

テレビ番組からネタを拾うことが多いオヤジですが、先日の NHKプロフェッショナル でも気になる人が取り上げられていました。

前回の放送からすっかり有名になってしまった羽田空港でカリスマ清掃員と呼ばれている女性・新津春子さん です。本当に勇気付けられる考え方であって、ホッとさせてくれる話し方にもとにかくへりくだって相手と接しようとするのが伝わってきます。

父親が 残留日本人孤児、母親が中国人で、17歳のときに家族で日本にやってきたそうですが、中国では 日本人ば出て行けっ! といわれ、日本では 中国人は帰れっ! といじめられ、足を投げつけられたこともあったそうです。

さあ、私が共感したのはここです。

えっ、ここ? と思われるでしょうが、彼女のことはたくさんのブロガーが書かれていますからもっと知りたい方はそちらを参考にしてください。

共感したのは 石を投げつけられた という経験が私にもあるということ。

反体制デモに参加したわけでもなく、ただ憎らしい、気に入らないというだけで私めがけて石を投げつけてきた田舎の子供たち・

いじめ はどこに行ってもありますし、無くなることなんかありません。いじめる奴は大人になって働くようになっても必ず誰かをいじめます。社会人の皆さんは心当たりありませんか・

いじめっ子が大人になっても、今度生まれてきた子供が小学生になってまた同じように誰かをいじめる。そして大人になる・

そんなことの繰り返しですから いじめ根絶 なんかできるはずありません。

彼女の場合は ハーフ だったということでいじめの標的にされたわけですが、私の場合は父が 教師 だったために転勤も多くどこに行ってもいじめの対象でした。小学校は3つも行きましたし、 中学校ではイジメられないために、悪ガキと行動をともにし悪の道にハマりかけたこともありました。それでも上級生からのイジメが止むことはなく放課後の工作室て殴られたり、河原に数人で呼び出されたり・

こんな教室の画像を見ただけで陰湿ないじめを想像してしまいます。

 

     f:id:with_god0324:20190726042250j:plain

 

 

 

そんなことは昔のことはどうでもいいのですが、中国にも帰れない、日本にも居場所がない状況で、仕事に貴賤はないけれどどうしても下流層に見られる清掃員の仕事に自分の居場所を見つけ、さらに清掃技術を極め技能大会で全国優勝するほどの一生懸命さに感動してしまいます。

さらに共感することがあります。私にも今の仕事につく前にたった一年間ですが、施設清掃管理の仕事をしたことがあって、番組でもトイレをキレイにする場面が繰り返し使われていたようにわたしも毎日建物全部の床清掃、トイレ掃除、ガラス清掃をやっていました。

彼女ほどではありませんが、この仕事に就いたときの便器の汚さからは比べ物にならないほどキレイにすることができたと自画自賛です。

いつもうじうじと文句ばかりを言ってるオヤジも見習いたいものです。

石を投げつけられることだけ見習ってもしょうがない・

 

 

ダイエットはまだまだ続いています。

7/25現在(41目) 累計 マイナス 2.8 ㎏ 

???

 

 

 

        にほんブログ村 シニア日記ブログへ