北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

ラグビーワールドカップで晴らすことができるかオールドラガーマンの積年の恨み

8月3日に行われたラグビー日本代表対トンガ戦・

日本は11位、トンガは14位と若干格下でも、白熱した試合展開になると思っていましたがなんと41-7の快勝でした。

恐るべきジャパン・

今回のワールドカップは冗談抜きでベスト8に食い込む可能が大です。

そんな大事な試合なのに地デジ、BSで放送されなかったのが悔しい・

 

昨日フィジーで行われた日本代表対アメリカ代表戦は34-20で日本の勝利で終わりましたが、今の実力からするとちょっとちぐはぐな試合運びでしたね。

もっと点差が開いても不思議ではないと思っているオヤジです。

後半はほとんどリザーブの選手に代わりましたので、ワールドカップのメンバー選考もかねているのでしょう、仕方がありません。

 

    f:id:with_god0324:20190811045131j:plain 

    msnニュースからお借りしました。

 

 

 

昔からジャパンを見続けていますが、私が東京に住んでいた時もテストマッチがあると必ず見に行っていました。そして強豪国相手に惨敗する姿を何度も目の当たりにしてきました。前半なんとか頑張って僅差で折り返しても、後半はトライの山を築かれるパターンばかりです。

テレビ中継の時でも勝つとは思っていませんから、どのくらい食らいついていくことができるか・を注目して結果は同じで、日本が世界レベルになるなんてことは絶対に無理だと思っていた人がほとんどでしょう。

 

今の代表メンバーを見て、どうして外国人ばかりなのか・と疑問に思われる人も多いと思いますが、昔選手の純血主義を貫いていたプロ野球の巨人軍でさえ今は何人もの外国人選手がいるように国際化の時代なのですよ。

現在は下記のうちひとつでも該当すれば日本代表になれます。

・出生地が日本

・両親または祖父母のうち1人が日本出身

・日本に3年以上継続して居住している

 

私が夢中になっていた頃は生粋の日本人選手ばかりで体力的にも劣るし、強豪国のように子供の時からボールに触っていないからハンドリングも悪く、絶好のチャンスにノックオンばかりでした。

最近の活躍に昔の溜まりに溜まった鬱憤を晴らすことができているオールドラガーマンも多いと思います。

それでも昔の日本代表は憧れの存在で、私の母校の出身でただ一人ジャパンで活躍したT先輩にもらったサイン、我が家の家宝と勝手に思っていましたが家のどこかにしまってあるのだろうか・

 

高校生の頃に地元で行われた社会人チームの試合に当時は何人ものジャパンを輩出していたリコーの真っ黒なジャージが現れたときの興奮は忘れることができません。

今もまだ黒いジャージのようです。

ニュージーランド代表オールブラックスを彷彿させるものがありますね。

懐かしいなぁ・・と感慨深く思い出すのは、ラグビーの試合中に2回も鎖骨を折ったオヤジです。

 

 

        にほんブログ村 シニア日記ブログへ