北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

吉田拓郎さんが生きているかぎり

昔から音楽が好きでアコギを弾いたりしていたオヤジですが、何度も書いたように 吉田拓郎 さんが神様のような存在で唯一無二のアーティストであります。

でも、最近始めたウオーキングの時に聴いているのが 長渕剛 さんの歌で歩くのにはテンポが良くて元気になる曲が多いのですよ。

100曲くらいiPhone に入れているので、ウオーキングを始めてからまだ2回り目途中です。まだまだ聴き続けることができそうでウオーキングが苦痛ではなく楽しみになっています。

長渕剛さんだけではなくまだまだ聴きたいアーティストがたくさんいるのですが、やはり拓郎さんは格別でして、聴いているうちに苦かった青春時代が蘇ってくるのです。

拓郎さんを良く思わない同年代の人も沢山います、

軟弱 だとか 女たらし だとか言って毛嫌いしている硬派の人たちも・

でも沢山のヒット曲があるし、レコード大賞を受賞した 襟裳岬 の作曲者なんです、

凄いと思いませんか・

キャンディーズの やさしい悪魔、アンドウトロワ、とか好きですね。    

     

     f:id:with_god0324:20190211050512j:plain

 

オヤジより年上の拓郎さんですが、16年前に 肺がん の手術をし肺の1/3を切除しているのに、5年前には 喉にがん が見つかり闘病生活をおくっていました。

なんと2度目のがんからの生還なのです。

2016年に続いて今年もツアーを行なうほどに元気になってくれて本当に良かった。

 

もちろん体力的にも全国ツアーはもう無理でしょう・

今回のライブも首都圏以外は 浜松 と 名古屋 だけ・

もう地方で見ることはできないようですが、それでもチケットは即完売、おまけに転売目的で購入した男が逮捕されるという事件まで起きました。

1万2千円のチケットが8万2千円で落札されたそうです。オヤジのように貧乏人にはとても手が出せない金額ですが、高齢の人が多い拓郎さんのファン層には簡単に買えるのでしょうね。

 

拓郎さんが死んでもオヤジは生きていきますが、腑抜けのような年老いた男になってしまうことでしょう。

若い頃は 朝まで歌うぞっ!・と言っていた拓郎さんも、いまは朝までやらなくてもいいから、頑張らなくてもいいから終電で帰ろうよ・という。

そんなメッセージっぽいことを言わない拓郎さんが好きです。

 

ギターを肩から下げている姿がいちばんカッコいいのは拓郎さんだと思っています。

あのギターの位置がたまりません。

 

拓郎さんが生きている限りオヤジも元気にいられそうです。

 

 

 

        にほんブログ村 シニア日記ブログへ