北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

本格的に年金を受給できる歳になったのに滅入ってしまう

特別支給の老齢年金を受給しているオヤジですが、在職中のために 一部支給停止 ということで 減額 されています。

折角働いたのに・と思いますが、65歳から本格的に受給するまではこの状態が続きます。

給料が多い月が続くと年金は減額され、残業がなかったりボーナスが少ないと年金は多くなる仕組みで、数ケ月ごとに訂正されてくるのは大したものだと感心しています。

つまり、残業して稼いでも稼がなくてもトータルの収入は同じということになります。

なので誰が好き好んで残業なんかしますか・

 

65歳になって在職中でも 全額支給 になるのが待ち遠しい限りです。

でも、不安なのは会社がいつまでこのオヤジを雇用してくれるか・

それなりに頭を使う仕事もしていますし、オヤジの経験も役に立っていると勝手に思っているのですが、さて会社側の評価はどうなのでしょう。

 

     f:id:with_god0324:20190109050525j:plain

 

とうとうこの歳になってしまった感が強くなっています。

ついこの間まで会社員としてもそれなりの地位にいて、現役バリバリで働いていたつもりなのにあっという間にこの歳に・・

この10年が特に早かったぁ~

 

一度っきりの人生なのにいったい何をしていてどう生きていたのか・

愚かなことばかりでほとんどを無駄にした青春時代から壮年にかけての時期。

戻ってくるはずもないことに無駄なお金を使い過ぎた悪夢のような時代でした。

 

できるものならいますぐ記憶を消し去りたいです。

そして、人生をやり直せるものならもっと真剣に生きてみたい。

いままで深く考えることもせずに惰性のままに生きてきたから。。

前日の記事にも書いたようにオヤジはもう飛び立つことはできないけれど、やり直しの人生ではもっと別な人生を真面目に生きてみたいと思っています。

 

自分の息子に気付かされた情けないオヤジです。

 

♬ 

僕は僕なりに

自由に振る舞ってきたし

僕なりに生きてきたんだと思う

だけどだけど理由もなく

滅入った気分になるのはなぜだろう

   ・・・

まにあうかもしれない今なら   ♬

「吉田拓郎さん まにあうかもしれない」より

 

 

 応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ