北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

健康診断の結果に大満足しています

南北海道は今日も雨の予報が出ています。

積雪はもちろん0㎝で、除雪した時の雪山が真っ黒になって残っているだけです。

まるで春先の光景になっています。

 

 

先月初めに受けた 健康診断 の結果がやっと届きました。

いつも気になるのが 中性脂肪 や コレステロール値 と 肺 のレントゲン結果・

今回はいずれも問題はなくほぼ基準値で無事クリアできました。

前回、聴力 低下を指摘されたのに今回は異状なしです。

耳鼻科受診して損した感じ・・

 

毎回指摘される肺の異常陰影も、健康診断の時に診察してくれた医師にも話すことができたので改めての指摘はありませんでした。

 

この健康診断の結果で要検査を言われ、病院を受診したのは何度もあります。

どうせ大丈夫だろう・と思っていて再検査をしなければ、そんなときに限って病気が見つかったりするかもしれません。

お金も時間もかかるけど要検査と言われたら病院を受診しないわけにはいきません。

 

     f:id:with_god0324:20191215062623j:plain

 

間質性肺炎 の疑いあり・と書かれていた時には恐ろしくなりました。

そんな時も行くのは決まって大きな病院です。

町の開業医は設備もないし二度手間になる確率が非常に高いので、必ず総合病院で診てもらいます。

 

病院によっては研修医か若すぎる医師がとても多いところもありますが、それでもその上には経験豊かな優れた先輩医師がいるはずですから安心です。

 

我が家の奥さんはどこの病院を受診するか迷う時には必ず医師のプロフィールを調べます。

どこの医大を出ているかはとても重要なことだと言います。

たしかに出身校によってレベルが違うのはわかりますが、医師も会社員と同じで本人の努力次第で大物にも小物にもなると思うのですが・

 

でも、大学受験時の学力がその後の学生生活に少なからず影響はあったはず・

つまりやっぱり優秀な学生は優秀な医師になることができるのです。

誰でも 東大医学部 出身の医師なら尊敬もするし信用するでしょう・

 

韓国 のような過激な学歴社会はどうかと思いますが、学歴は無いよりあったほうが断然生きやすくなるはずです。

選択肢がたくさんできるはず・

 

話が逸れました。

私は夜勤が多いために健康診断は年2回が義務づけられていますので、さまざまな病気の早期発見につながるものと喜んで受けるつもりです。

 

いま、体で不具合があるのは 白内障 ですね。

来年後半か再来年には手術に踏み切ることになりそうです。

 

あとは老化による瞬時の判断力、理解力が衰えていることですかね。

こればかりはどうしようもないと諦めています。

 

  

 応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ