北海道の田舎発大都会向けニュース

なかなか伝わらない北海道の地域ニュースと、愛犬カナンのことを・・・・。

ウェディング専門の教会でも立派な牧師が導いてくれます

昨今の ウェディング での 挙式 はホテル内のチャペルで行われることがほとんどですが、そんなウェディング専門の教会や挙式を司る牧師を悪しく言う人もいます。

でも、決して素人ではありません。

きちんとした牧師さんが派遣されていますので、今度機会があったらよく聞いていてください。

どこの教会の牧師さんなのかきちんと挨拶していますから・

商業用の教会と見えてもきちんと日曜礼拝を守っている教会もあります。

決して商売、商売ではないのです。

 

オヤジがいままでに礼拝に集ったことがある教会は数え切れません。

旅行に行った時にお邪魔した教会もあれば、ある教会に集うことだけを目的に旅したこともあります。

初めて行った教会がいちばん長かったけれど 洗礼 を受けるまでは至りませんでした。

したがって、いつまでもお客様待遇だったような気がします。

教会員 ではないので発言権はありませんがオブザーバーとして年次総会などに参加したりしたものです。

どこまで図々しいのか・

 

キリスト教会 では教会員になると毎月 什一献金 なるものが発生します。

決して強要ではないのですが、教会を維持していくために神様からいただいた毎月の恵みの一部を神様にお返しするという決まりごとがあります。

それが暗黙のうちに十分の一・・

主への捧げものは喜びとなるはずなのですがなかなかそうもいかないようです。

 

旧約聖書 だけに出てくる教えのようで、新約聖書 ではどこにも命令しているところはないということですが それなら要らない?・とはなりません。

 

毎週日曜日の礼拝の都度に収めるのは 自由献金、その時に持ち合わせがなければ献金しなくても一向に構わないのです。

でも、教会員は教会を維持する責任がありますから自由献金だけでは教会運営が成り立たなくなってしまうのでしょう。

 

     f:id:with_god0324:20190819052555j:plain

 

私たちがいま教会に集うことができないでいるのは決してこの什一献金がネックになっているわけではありません。

洗礼を授けていただいた教会ではきちんと納める・という言い方は変ですが教会員として什一献金をしていました。

牧師先生の一大決心とともに解散したその教会が、こじんまりとしていてあまりにも居心地が良かったものですから、なかなか他の教会というわけにはいかないのです。

 

いつかのんびりと通える教会が見つかるといいのですが・

ただ牧師先生の説教を通して神様のみ言葉が聞けて、賛美して聖書を学べるだけで他には何もいりません。

毎回それだけで帰れることができれば最高です。

 

でも、キリスト教では 使徒信条 というものがあります。

そのなかにある 聖徒の交わり ができない・

最低限の同じ教会に集う信者同士とも交わることができないのです。

やっぱりまだまだ心が病んでいるようですね。

 

こっそり入ってこっそり帰ってくる・

泥棒みたいですがそんなことができる教会が見つかりますように。

 

 

 

        にほんブログ村 シニア日記ブログへ