北海道の田舎発大都会向けニュース

我が家の日常と北海道のど田舎で起きたニュースを勝手に届けます。

家を建てている職人さん、急がないと大雪がやってくる

北海道は記録的な 雪不足 に見舞われています。

冬のイベントも中止になったり、縮小して行われるところが続出しているようです。

一般庶民にはとてもありがたいこと・

車の運転はしやすいし、毎日雪かきに悩まされることもありません。

 

雪かきで ご近所トラブル が発生しやすい北国で雪がないのは大歓迎です。

除雪した雪の捨て場所に困るのはどちらも同じ・

我が家は比較的敷地が広いので近所ではいちばん雪を置きやすいので、以前は黙って置かれたこともあります。

 

黙って置いていっても、所詮雪のことですからしっかり足跡や除雪道具の跡もついてどこの誰かさんがやったとすぐわかってしまうのに・・

そういえば雪の降る夜に コンビニ強盗 に入った犯人が、足跡を辿った警察に簡単に捕まったという笑える事件もありました。

 

我が家の分まで除雪してくれた方が置いていくのは仕方がないことです。

いえ、ありがたいことです。そんなときはどんどん置いていってください。

 

毎年数えきれないほどする雪かきも、今年はまだ会社で2度、家で2度だけ・・

それも数㎝の雪ですからあっという間に終わります。

身体に負担もありませんので楽させてもらっています。

      

     f:id:with_god0324:20200113062501j:plain

     

そんな少ない雪で助かっているのが隣の空き地で始まっている住宅建設の現場・

一日で20~30㎝も積もったら工事は中断してしまいますし、木材などに影響が出るかもしれません。

たまには一晩で車が半分も埋まってしまうことだってありますからね。

以前たった一人で基礎工事をしている職人さんのことを少しだけ書きましたが、ようやく土台が完成し、数日前から足場が組まれました。

いよいよ本格的な家本体の建設にとりかかるようですが、さすがに職人さん一人ではありません。3人ほどで取り組んでいます。

早く外壁だけでも仕上げないと大雪がやってきます。

 

必ず一度は大雪があります。

数年前に北海道で猛烈な ホワイトアウト の時、民家のすぐ前だということに気付かずに猛吹雪の中で娘さんを守ったお父さんがいました。

娘さんを守るために覆いかぶさるように亡くなっていたそうです。

もうすぐ春がやってくる3月のことでした。

 

必ず一回は大雪が降ります。

職人さん、早く仕上げないとせっかくの土台が雪の下に埋もれてしまいますよ。

 

 

 応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 シニア日記ブログへ