北海道の田舎発大都会向けニュース

我が家の日常と北海道のど田舎で起きたニュースを勝手に届けます。

どうする会社? 給料も欲しいけど、仕事がない職場も地獄です

 

 

休業中の会社なのでまるで警備員さんのような毎晩を過ごしています。

有り難いことですが、

あまりにも仕事が無いというのは退屈を通り越して 地獄 です。

新型コロナウイルスによる休業要請が解除された地域も多いようですが、

私の働いている会社は社外にも今月いっぱいの休業を告知していますから、

いまさら 再開しましたっ・ なんて言えません。

 

北海道は第2波に襲われているようです。

札幌とその周辺でクラスターが発生していて

まだまだ要警戒地域の指定が解除されそうもありませんので、

今月いっぱいは覚悟しなければならないようです。

 

会社サイドから解雇の通告がなければ、

いつまでも働きたいとは思っていますが、

こんな毎日には少しウンザリしてます。

贅沢な悩みですが、

仕事するからにはそれなりのことはしたいと思うわけです。

自分の能力が、スキルが生かせない・なんて

おこがましいことを言うつもりは毛頭ありませんが

極端な言い方をすれば遊んでいて給料をもらっているような現状に

どうにも納得できない自分がいます。

 

これが仕事なのか・

今辞めてもだれも困らないはず・

私がいなくなっても誰も気づかないかもしれない・

 

人間らしく生きるにはある程度は真剣に働いて、

精神も身体も健全に活性化させなければ退化していくだけのようです。

休業が終わっていつもの仕事に戻った時に

以前のような自分でいられるか不安です。

 

     f:id:with_god0324:20190411052006j:plain

 

これが私のサラリーマン人生の最後と思うと悲しくなりますが、

新型コロナウイルスの影響で休業したことが、

完全に定年退職するきっかけになりそうな気がします。

いままで頑張ってきたのにこんな終わり方になろうとは・

でも、それもまたいい想い出になることでしょう。

 

座ってばかりで尻は痛いし、コーヒーばかり飲んで吐き気もする。

エコノミークラス症候群も怖いけど、

何よりも精神が破壊されそうです。

まだ辞めたくないけど、

この苦痛から逃れたくて辞めたくなっているようです。

 

こんな大きな建物の中に今は自分一人でいるわけですが、

大地震や津波が起きるならこんな休業日に起きてくれればいいのに・

自分一人を守ればいいのですからなんとでもなります。

客がいる時の大災害は御免被りたい・

 

しかし、新型コロナウイルスも大災害ですね。

9年前の東日本大震災に続いて、

歴史に残る大災害が続けて起こるなんて信じられません。

歴史の証人にならなくてもいいですから、

穏やかな日々を過ごせるように祈りましょう。

 

 

  人気ブログランキング 日記・雑談(60歳代)

 

 にほんブログ村 シニアブログ

 

 

 

 

 

f:id:with_god0324:20200427060524g:plain